インテリジェンス

Z-Worksのテクノロジーのコアはインテリジェンスとなります

総合プラットフォームのインテリジェンス

Z-WorksのインテリジェンスではIoTデータを様々な形で活用することができます。複数のセンサーデータの閾値条件での通知や、複雑なデータ解析を使っての行動分析まで多様な条件の「シナリオ」を作成することができます。単純なシナリオでは、ある特定の時間・場所に人にいるかいないかや、ある場所の温度が高すぎるかどうかを判断することができます。より複雑なシナリオでは、多数のセンサーデバイスから得られた複数種類のデータタイプを総合的に分析、またセンサーの連続的なデータを分析する事で、人の行動・状態をより正確に認識することができます。

Z-Worksがサポートする様々なIoTデバイスから現在すでに20種類以上のデータを収集することができます。様々なデータタイプをより精度高く比較できるように、Z-Worksの総合プラットフォームではデータ補正やフィルタリングを行っています。様々な環境に設置されるIoTセンサーから送信されるデータは常に一定の精度を保つことが難しく、総合プラットフォーム上でのデータ値の補正を行うことで、データ全体の精度改善に貢献しています。

Z-Worksの総合プラットフォームに蓄積されたIoTデータを機械学習に応用し、お客様の重要な問題を解決するためにより精度の高い「シナリオ」を実現します。閾値設定のようなルールベースでの検知によるアラート・通知ではなく、機械学習・AIを使ったをデータ分類や異常検出、IoTデータの人間行動への翻訳を実現させます。

個人情報

Z-Worksは個人情報の保護を最優先事項としています。これを実現するために、データプラットフォーム内のデータは匿名であり、例えば特定のデバイスを特定のユーザに関連付けできないよう、プラットフォームが設計されています。

可用性

Z-Worksはデータプラットフォームの稼働率が高く、システムが効率的に動作するようにいくつかの方策を講じています。Z-Worksは99.99%以上の稼働率を目標としています。

セキュリティ

データプラットフォームの最高レベルのセキュリティを確保するために、ゲートウェイとサーバーの接続はすべてZ-Worksによって認証される必要があります。認証に必要となる情報は提供致します。

スケーラビリティ

Z-WorksのデータプラットフォームはAWS上に構築されているため従来のデータセンターに比べてスケーリングは比較的に簡単です。お客様のビジネスが成長するにつれて、増大するトラフィック量に柔軟に対応するためのプロジェクトに取り組んでいます。

ユーザビリティ

お客様がZ-Worksのデータプラットフォームのインテリジェンスを十分に活用していただくために、Z-WorksはREST APIやクラウドSDKを整備された文書とともに提供しています。

Z-Worksのクラウドサービスを活用する方法の詳細はこちら